tempera days

chiaro8.exblog.jp
ブログトップ

タグ:金箔貼り ( 10 ) タグの人気記事


2013年 05月 06日

最近の仕事&イベント

木箱のレリーフびっしりの蓋に金箔を貼りました。
a0139051_16582627.jpg

そして箱側面はどうやって貼るべきかと考えた結果、こんなふうにグラスを立てて引っかけてみたらナイスな感じ。
a0139051_171680.jpg

磨きも終わった2種類の箱。あとはそれぞれに装飾をほどこして仕上げます。
a0139051_1731290.jpg


先月、サントリーホールに行ってきました。
辻井伸行くんと佐渡裕&BBCのラフマニノフをどうしても生で聴きたかった。
圧巻でした。感動するものですね。
辻井くんのピアノの音は、朝日に輝く雪の結晶のようにキラキラしている。
音が美しくて涙が出るというのはあるのだなと思いました。
a0139051_17103277.jpg


新歌舞伎座にも行きました。こけら落としです。
a0139051_17113363.jpg

結構前の方の花道脇の席で、吉右衛門がすぐ近くを通ったりしました。
玉三郎が上手くてもらい泣き。
a0139051_17201551.jpg

緞帳も新しくなってたくさんお披露目されました。
a0139051_17152178.jpg

a0139051_17155587.jpg

歌舞伎はもう華やかで目の栄養。そしてクラシックコンサートよりくだけたかんじで、
鼓や笛の音もなじんでしまって、やっぱり日本の文化も良いなぁ。
[PR]

by chiaroscuro8 | 2013-05-06 17:25 | テンペラ
2012年 05月 04日

小品

10cm角の小さい板にレリーフ&赤ボーロ。
ポーロを塗ったあとは1日おいて、メノウ棒で磨きました。
金箔を貼った後の輝きに違いが出ます。
金箔を貼りたくないところにはマスキングをしておきました。
a0139051_21241281.jpg

a0139051_21244648.jpg

a0139051_21323085.jpg


こんなかんじで作業しています。
a0139051_21333998.jpg

磨いて刻印も少しできました。
a0139051_21361882.jpg

a0139051_2136389.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2012-05-04 21:49 | テンペラ
2011年 06月 12日

金箔を貼る。そして庭。

6月4日、金箔貼り中。
a0139051_21573375.jpg

貼り終わり、1時間半ほど乾かす。イタリアの金箔は厚いので貼るのがとても楽。
a0139051_21584750.jpg

磨きと補修完了。5時間ほどかかった。
a0139051_2202262.jpg


6月5日、美しい庭を見せてもらいに行きました。
オープンガーデンをしているお宅です。薔薇が満開になるのは一週間後ぐらいのようです。
a0139051_2253688.jpg

a0139051_2261784.jpg

a0139051_2263950.jpg

うっとりするようなティータイムでした。
a0139051_2271723.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2011-06-12 22:08 | テンペラ
2011年 04月 10日

金箔を貼る

先週ボーロを塗ったものに金箔を貼った。
小さいので気楽。天気もよかったので乾きも遅いわけでもなく、楽しい。
雨降りの日だと乾きが遅くて磨くタイミングが難しい。
やはりテンペラは乾燥した土地が適した技法だと思う。
a0139051_1757344.jpg


本日のBGM。
また友人が貸してくれた、古楽器と美声の美しい音楽で、気分は17世紀。
a0139051_1759325.jpg


こんなかんじに磨きあがりました。
a0139051_184577.jpg



次は楽しい刻印だ!

今日は箔台の切れ味の悪さが気になって、
新しいスウェードを発注。豚がいいらしい。(柔らかいらしい)
どうも一匹分来ちゃうらしい。
[PR]

by chiaroscuro8 | 2011-04-10 18:06 | テンペラ
2010年 04月 11日

金箔貼り2枚目

小雨の降る湿気の多い日。前回より乾くのに少々時間がかかった。
とはいうものの、2枚目なので慣れたせいか2時間で貼り終わり。
a0139051_17581096.jpg


30分ほど休憩してから磨き。1時間半で磨き終わり。慣れたな。
a0139051_1821128.jpg


イタリアだったら乾燥しているからこの30分待ちもいらないのだと思う。たぶん。
湿潤な気候の日本でテンペラってどうなの?と、たまに思う。
[PR]

by chiaroscuro8 | 2010-04-11 18:04 | テンペラ
2010年 04月 06日

金箔を削る


彩色をする部分は、金箔とボーロを取って白くしておかなければならないので、
輪郭の細かいところはカッターで、あとは400番のサンドペーパーで削り取ります。
輪郭線は、刻み線を入れてあるのでわかります。
はみ出したくないのでルーペ使用。
a0139051_2216623.jpg


1時間やってもこの程度。
a0139051_22164041.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2010-04-06 22:18 | テンペラ
2010年 04月 04日

絶好のアーチェリー日和に金箔貼り


乾いたあと磨いたところに、金箔を貼る直前もう一度ボーロを塗布。
これが水をはじかずすっきり貼れるコツだと思う。
水:アルコール=8:2も用意して、これから金箔貼ります。
ビンには椿油を薄く塗ってあります。刷毛に油を付けるためのものです。
a0139051_19164176.jpg


レリーフにかなり手こずると予想していたとおり、
貼り終わるのに4時間半かかった。
a0139051_1918792.jpg

でも時間がかかった分、磨きがすぐに始められました。
(ということは休憩がないということ。普通乾くまで2時間ぐらい休める)
晴れて暖かい陽気だったことも、早く乾いた要因だと思う。
磨き&補修で2時間。まだ明るいうちに終えられた。日が長くなってよかった。
a0139051_1922294.jpg


金箔は20枚使用。今回は3号箔なので1枚122円→全部で2,440円。
・・映画観てランチしたのとどっちがよかったか?という問題ではない。
テンペラを始めた7~8年前は1号箔でも1枚100円だったのに
金、高くなったな。2倍とまではいかないけれど1.5倍ぐらい。
ちなみに1枚122円というのも、100枚単位で問屋さんから購入するので安い方です。
あぶらとり紙がたくさんできました。
a0139051_19402028.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2010-04-04 19:45 | テンペラ
2009年 08月 16日

本日のおしごと

夏休み最後の1日は金箔貼りで終わってしまいました。
a0139051_19484380.jpg

どうしても乾かない部分があって、明るいうちに磨き終えることができなかった。
会心の出来とは言えない。

考察1.とのこを塗ってからあまり時間をあけないで金箔を貼った方が綺麗に貼れるのではないか?
考察2.あしたから会社・・・と思うとうまく貼れないのではないか?
[PR]

by chiaroscuro8 | 2009-08-16 20:01 | テンペラ
2009年 07月 19日

金箔貼り2枚目

2枚目の金箔貼り。明るいうちに終わってよかった。
エアコンの風で金箔が飛ぶのでエアコンはつけられません。
たまに雨も降って湿気が多く乾きが遅い、じっとり暑い、
金箔貼りには適さない日でした。
a0139051_1841133.jpg

せめてBGMは明るい気分になるものを
・・・MOZART DIVERTIMENTI
[PR]

by chiaroscuro8 | 2009-07-19 18:45 | テンペラ
2009年 07月 12日

本日のおしごと

今日は、大大だ〜い好きな金箔貼りをしました。
こんなかんじで準備。「直前にもう一度ボーロを塗る」ことを
教えてくださった師匠には感謝。これで格段にワザがアップしました。

a0139051_17584092.jpg


水をたっぷり置いたところに、こんなふうに刷毛で金箔を貼っていきます。

a0139051_180125.jpg


途中です。
a0139051_1805169.jpg


楽しかった金箔貼りもあっという間に終わり。
日本の金箔は薄いので2度貼りしました。2時間かかりました。
磨ける頃合いになるまでしばし待ちます。

a0139051_1892094.jpg


今日は湿度が高そうな曇りなので2時間は待つかな?と予想しましたが
3時間待ちました。乾いたイタリアではきっとすぐに磨きに入れるんだと思います。
早すぎると輝かないし乾きすぎると定着しませんね。
このへんの感覚はつかめてきました。経験ですね。
待つ間、お昼を食べて勝間本を読む。私はいったいどこへ行こうとしているのか?

a0139051_18103595.jpg


瑪瑙棒で磨きつつマスキングテープをはがしていきます。
絵を描く部分にはマスキングテープを貼ってありました。

15世紀にはマスキングテープがなかった(と思う)ので
最初に教えていただいた芸大のK先生はマスキングテープは使わず
サンドペーパーで余計な部分を削っていくというやり方でした。
でも15世紀にサンドペーパーはあったのか?
いろいろ謎なことが多いです。


a0139051_18184583.jpg


補修もして終了。瑪瑙棒が映るくらいピカピカに磨けました。

本日のBGM・・・ヤコブ・アルカデルト「マドリガーレ集」
        フランソワ・クープラン「Pieces de clavecin des Livres」
[PR]

by chiaroscuro8 | 2009-07-12 18:42 | テンペラ