tempera days

chiaro8.exblog.jp
ブログトップ

タグ:デザイン ( 11 ) タグの人気記事


2012年 10月 14日

東京新名所

先週末、東京に行ってきました。
東京駅は、美しかった。外は写真を撮る人達でいっぱいでした。
a0139051_20584979.jpg

a0139051_2059747.jpg

a0139051_21275531.jpg


そしてスカイツリー。やはり存在感がある。浅草の雷門の前にできたゲートホテルの屋上テラスから。
a0139051_211385.jpg

雷門の前と言えば、隈研吾設計の浅草観光センター。
a0139051_217668.jpg

内部の木の壁。木をたくさん使っていました。
a0139051_218574.jpg

サインなど細かなところまでデザインが行き届いていました。
しかし、最上階のカフェだけは台東区の運営なのか、ガッカリなかんじなのが残念。
a0139051_2119784.jpg



銀座のミキモトビル。伊東豊雄。
a0139051_2110596.jpg

本日の仕事は金箔貼りでした。乾くのに時間がかかり、磨くのが夜になってしまったので磨きあがった写真はありません。
a0139051_2115092.jpg

a0139051_21155891.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2012-10-14 21:36 | デザイン
2012年 07月 08日

隈研吾

7/7小布施ッションの講師は建築家の隈研吾で、ラッキーなことに参加できました。
受講者は全国から集まってきていました。すごい人気です。
気取らない、気さくな人柄で、ご自身の考える建築についてを語ってくださいました。
1年のうち三分の一しか日本にいらっしゃらないそうです。

1755年リスボン大地震から、建築は、コンクリートと鉄の強い建物を目指してきたが、
本当にそれでいいのか?
3.11を見ても、本当の強さは、地域の持っているネットワークとか、人と人とのつながりではないか?
というお話から始まり、その地域の素材を使うこととか、自然との関係性を考えた建築を作ろうとしている・・等、
建築家とは色々なことを考えるのだなと思いました。

中国の、竹屋。
a0139051_13324922.jpg

竹を腐らせないための、切り出す時期や処理の仕方まで話してくださいました。


太宰府のスタバは釘を使わない木組みで、かっこいいです。
飾りではなくて本当にこれで構造を支えているというところもすごい。
a0139051_13345520.jpg
a0139051_1334780.jpg



私の仕事としては、新しい木箱に、今度は石膏を塗るために、膠を塗りました。
桐箱に石膏・・どうなるのか、手探り。
a0139051_1345502.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2012-07-08 13:43 | デザイン
2011年 11月 05日

軽井沢千住博美術館

先月軽井沢に千住博美術館がオープンして、ずっと行ってみたかったので行ってきました。
設計は、昨年プリツカー賞をとった西澤立衛です。
21世紀美術館もそうだけれど、西澤立衛の白くて明るくて曲線な感じが好きです。
内部の床は平らではなくかなり起伏があった。
滝の絵を生で観られたのはよかったけれどどちらかというと建物を観に行ったかんじ。
a0139051_18311281.jpg

a0139051_18321869.jpg

浅野屋のデリ&カフェが入っていて、ランチしてきました。
a0139051_1836980.jpg

浅野屋のパンを食べるのは久しぶり。やっぱりおいしかった。
帰りに買おうと思っていたらもうなくなっていた。
a0139051_18371364.jpg

カフェ内部。ミュージアムショップで買った千住博の本を読んだり、意外にまったりできる空間。
a0139051_18374158.jpg


本日最大の驚きは、本の口絵に載っていた千住博のアトリエ!・・・すごい!
なんとなくアトリエって、汚くて雑然としていなきゃいけないような気がしていた。
花の枯れたのとか、何かの木の実の干からびたのとかが埃と一緒に机の上になきゃいけないような。

朝6時半から15〜16時間ここで描いているそうです。
a0139051_18465349.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2011-11-05 18:50 | デザイン
2010年 07月 08日

小布施ッション

きのう7月7日、会社の仲間数人と小布施ッションに行ってきました。
講師は建築家の伊東豊雄氏でした。
「せんだいメディアテーク」「TOD’S表参道ビル」「銀座MIKIMOTOビル」など
以前から伊東氏の仕事が好きでしたので、ぜひお会いしてみたかった。

最近進行中の仕事の数々も映像で見せていただけてラッキーでした。
岐阜県各務原市の「瞑想の森 市営斎場」が特にいいなと思いました。
あんな斎場を伊東豊雄に頼んで作ってしまう市長さんて素敵だ、と思いました。
何もない時には市民がコンサートを開いたりするもするそうです。斎場なのに。そういう建築です。
a0139051_22402273.jpg

a0139051_22404043.jpg


今回ご本人にお会いして、改めてその人間性の素敵さに参ってしまいました。
あれだけ偉い方なのに全く偉そうにしていません。
会場にいる全ての人より一歩引いて謙虚な態度でいらっしゃいました。
穏やかなのに、内にはいつも熱い情熱を持って「建築とは何か?」と考え続けている、そういうふうに感じました。
学生や子どもたちとのワークショップや、若手建築家にチャンスを与えるためのコンペにかなりのエネルギーを注いでいらっしゃる。
そんなこともしながらスペインや日本各地でのプロジェクトも手がけてしまう。
その上おしゃれ!
一緒に行ったみんな、伊東豊雄さんの素敵さにやられちゃいました。

品性、人間性・・最終的に大切なのはそういうものかな、と思ったりもした夜でした。
a0139051_22425178.jpg


これは知り合いの建築家の方がもらったサイン。
せんだいメディアテークの絵だそうです。
もちろん私もサインをいただきましたがまた違うかんじです。
a0139051_22432884.jpg


以前からいいなと思っていた「金沢21世紀美術館」を設計した妹島和代さん、西沢立衛さんは
今年3月、建築界のノーベル賞と言われている「プリツカー賞」を受賞されましたが、
妹島和代さんが最初に入ったのが伊東豊雄建築設計事務所だったというのも今回知りました。
せんだいメディアテークと金沢21世紀美術館は、建物内部の心地よさが似ているなと思っていましたが
繋がりがあったのだな、と思います。

講演後のパーティーのお料理も素晴らしかったです。10品ぐらい出ます。おいしい日本酒も飲み放題でした。
a0139051_22442955.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2010-07-08 22:55 | デザイン
2010年 06月 22日

吉岡徳仁 in 韓国

韓国で吉岡徳仁の個展を観てきました。
ギャラリーの扉を開けるとその正面に「虹の教会」が。

a0139051_221921.jpg

近くで見るとこんなかんじ。
a0139051_22195539.jpg

パンチェア
a0139051_22204758.jpg

紙のチェア
a0139051_22211188.jpg

水槽の中で結晶をつくるミネラルの椅子
a0139051_2222254.jpg

そして私が大好きなウォーターベンチ。まるで水の一部分を切り取ったような美しさ。
a0139051_22234839.jpg

a0139051_222441.jpg

会場を埋め尽くすストローのトルネード。「情熱大陸」で吉岡氏本人が作っていました。
a0139051_22261113.jpg


ギャラリーは、江南というオシャレな地区にありました。
a0139051_22273289.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2010-06-22 22:33 | デザイン
2010年 05月 09日

来年の春夏のトレンドは・・

金曜日、2011春夏のトレンドセミナーに行ってきました。
2011春夏、キーワードは「水」。
水からインスパイアされた色、柄、素材が来る、とのこと。
ブルー系ははずせないでしょう。

時間があったので、根津美術館に行って来ました。
光琳の「燕子花(かきつばた)図屏風」がちょうど公開されていてラッキー!
なぜ、2色しか使ってないのにこんなにすごいのが描けるのか?

その他の「四季草花図」とか「誰が袖図」とかの屏風も観て思ったことは
光琳も等伯もそうだけど、日本人て、すごいデザイン感覚があったのだ、ということ。
長谷川等伯展を観た時も感動して2回ぐらい泣いたけど、
尾形光琳も泣けました。

17世紀の着物の柄も興味深かった。いろんな小袖が掛けてある「誰が袖図屏風」は、
マルチボーダーあり、小花柄ありで、なんだかさっき受けてきたセミナーの内容にリンクしている。

ちなみに今大流行の小花柄ですが、来年は花が大きめになるようです。

a0139051_18483659.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2010-05-09 18:57 | テンペラ
2010年 03月 01日

21世紀美術館

週末、金沢に行ってきました。
21世紀美術館を楽しんできました。
a0139051_2230393.jpg


オラファー・エリアソン の光の作品観たり(体験したり?)、ミナ・ペルホネンの展示やgoodsを
堪能してきました。
ミナ・ペルホネンは、テキスタイルやファッションのデザイナーで、フリッツハンセンの
エッグチェアやスワンチェア、セブンチェアのテキスタイルをコラボしたりもしています。

21世紀美術館は、カフェのランチもおいしいんです。
ランチビュッフェで思いっきり取ってもまだ全種類取り切れない・・の図。
a0139051_2238821.jpg


コーヒーも付きました。
a0139051_2238336.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2010-03-01 22:43 | デザイン
2009年 12月 23日

表参道



先週末、表参道のお店にヘルプに行って来ました。
今年から復活したイルミネーションのおかげで、夕方から夜になるにつれどんどんお客様が増え・・
結構忙しいのでした。
a0139051_14274429.jpg


小さなセーターやカーディガンのオーナメント。ベネトンです。
a0139051_14291622.jpg


夜のTOD'Sビルは美しかった。伊東豊雄の建築が好きです。
a0139051_14343179.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2009-12-23 14:38 | デザイン
2009年 12月 13日

東京に行ってきました



西洋美術館で「古代ローマ帝国の遺産」展を観てきました。
2000年前のフレスコ画は色彩が美しいまま残っていて驚きでした。
花々や鳥が描かれた部屋、日用品にも施された装飾、おおらかで豊かな文化。
a0139051_1937571.jpg


銀座HERMESのショーウインドは今、吉岡徳仁プロデュースです。
映像の女の人がふ〜っと息を吹きかけるとスカーフが揺れます。
a0139051_19474683.jpg

a0139051_194816.jpg


欲しかったMILANO・Millefioriのフレグランスを買いました。
表参道にお店がありました。Millefiori=ミッレフィオーリ=千の花
a0139051_19543746.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2009-12-13 19:58
2009年 08月 28日

尊敬する人

a0139051_23445020.jpg


デザイナーでありアーティストでありクリエイター。
カルティエ展(東京国立博物館2009/春)の会場構成は、話題にもなったけれど本当に素晴らしかった。

a0139051_23491413.jpg

カルテルから発表したこのイスと、
バルセロナチェアはいつか欲しいと思っています。
[PR]

by chiaroscuro8 | 2009-08-28 23:57 | デザイン