tempera days

chiaro8.exblog.jp
ブログトップ

タグ:エスキース ( 1 ) タグの人気記事


2010年 01月 10日

チェンバロの音


昨日、チェンバロの演奏会に行き、アントニオ・ソレル(1729〜1783)という人の
Fandangoという曲を聴いている時に、今までちょっと悩んでいた絵の背景のイメージが
いきなりあふれ出すように湧いてきました。
生の音は美しく圧倒的でした。演奏がすばらしかった。

チェンバロは16世紀から18世紀にかけてが全盛期だったそうなので
テンペラが全盛だったころにはまだなかった楽器です。
ちょうど油絵の技法が開発されたころチェンバロもできたのですね。

チェンバロの内側には美しい絵が描かれていました。
a0139051_19131336.jpg


さっそく下絵を描きました。
a0139051_19133968.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2010-01-10 19:16 | テンペラ