tempera days

chiaro8.exblog.jp
ブログトップ

タグ:その他 ( 12 ) タグの人気記事


2014年 03月 30日

絵を買う

先日買った絵が届きました。
a0139051_13281248.jpg

緩衝材の中に浮くような形で入っていました。
a0139051_13312513.jpg

a0139051_13321632.jpg

ちゃんとした箱に入っていて、美術品を買ったという気分が高まる。画家の署名入り。
a0139051_1334486.jpg

箱の中の作品はウコンの布袋に入っています。
a0139051_13352877.jpg

ガラスにはテープが貼られていました。
a0139051_13371937.jpg


瀬元容子「とうりゃんせ」。板絵 F3。テンペラ画です。
a0139051_1339644.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2014-03-30 13:42 | テンペラ
2012年 11月 18日

美しいチェンバロ

先週、チェンバロのコンサートがあり、行ってきました。震災復興チャリティコンサートです。
バッハのゴールドベルグ変奏曲全曲という豪華な内容。
そしてそのチェンバロが、テンペラも含めて様々な装飾を施してある美しいもので
作者もいらっしゃったので、技法や素材など、貴重なお話を伺うことができて大幸運でした!
a0139051_18404840.jpg

蓋の裏はテンペラで、シナベニヤに石膏を塗り、私たちと同じ技法でした。
縁は刻印で、刻印棒もご自分で堅い木を削って作られたとのこと。
赤い部分は搔き落とし。美しい仕上がりです。
卵を多くして、やはり生乾きのうちに削るしかないようです。
a0139051_18441319.jpg

側面は、金箔を貼った上に油彩、とのことです。
a0139051_18543760.jpg

内側は、松の木にガッシュだそうです。ロゼッタの部分は粘土で型を作り、鉛とスズで鋳造したものに金箔をほどこしたそうです。
美しい装飾ですが、本当にすごいのはこのチェンバロという楽器そのものを作られたということ!
a0139051_1854527.jpg


今週は、桐の小箱に挑戦。下塗りをして絵の具を作って地塗り、の段階で日が暮れました。
a0139051_18552874.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2012-11-18 19:00 | テンペラ
2012年 08月 05日

金沢、そしてオリンピック

金沢21世紀美術館で「工芸未来派展」というのを観てきました。
伝統的な工芸の技術(陶芸、蒔絵、人形など)を使い、現代的なデザインで作品を作っている
作家さんたちの仕事を観てきました。
超人的に細かい仕事、技術力に驚嘆。
そしてやはり美術館自体が楽しくて居心地が良い。
a0139051_15112386.jpg

a0139051_15114416.jpg

a0139051_1512168.jpg

a0139051_15114257.jpg


ロンドンオリンピック、アーチェリーは、女子団体が銅、男子個人が銀!嬉しいです!
本物のアーチェリーの矢で作ったボールペンを入手。きれいなので飾っておきます。
a0139051_15174830.jpg


本日の仕事。木箱に石膏を塗りました。桐に石膏・・どうなるのか全く見当が付かず。
でもやってみないと次に進めないから。
a0139051_15193661.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2012-08-05 15:22 | その他
2012年 04月 30日

休日

安曇野のギャラリー・シュタイネに行って来ました。
 Galerie Steine
雰囲気のある建物が気に入りました。陶器やガラスの展示をしていました。
コーヒーは好きな作家さんのカップを選んで淹れてくれます。おいしかった。
a0139051_17524210.jpg


安曇野ちひろ美術館の瀬川康男展も観たくて行ってきました。
圧倒される作品群でした。
館内にあったオブジェ。
a0139051_17565933.jpg


お昼は、食べログで見つけた「ブレ・ノアール」でガレット。
 Ble Noir
わかりやすい場所ではないけれどガレットがとってもおいしいのでみんなにおすすめしたい。
a0139051_1802981.jpg


木箱には花を描き、
a0139051_1834615.jpg

ミッショーネをしました。
a0139051_184354.jpg

a0139051_1844762.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2012-04-30 18:06
2011年 10月 10日

3連休

木工作家の方に以前からお願いしてあった木箱ができあがったので取りに行きました。
木箱+テンペラで作品を作ってみたい、と思っていたのでした。
下地はどうするのか、内側の処理はどうするか・・考えることがいっぱいです。
なるべく簡単な方法でまずは試してみたい。
a0139051_1633823.jpg


山間部をドライブして行った工房は静かな場所にあって、
一画を仕切って奥様の機織り工房もありました。
ご夫婦で創作活動をされている。羨ましい限り。

帰りに、会社の後輩が出展しているクラフトフェアに行ってきました。
かわいらしい焼き物のカード立てとポチ袋を購入。
a0139051_16422384.jpg


これも描いてます。
a0139051_16432215.jpg


ハナミズキの赤い実がかわいい。
a0139051_16435421.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2011-10-10 16:52 | テンペラ
2011年 05月 05日

東京国立博物館

5月2日 上野の東京国立博物館に行ってきました。
何年も前に行ったきりだったので、最近こんなにオシャレな(というかイマドキな)展示になっているとは知りませんでした。
以前は普通の部屋の普通のガラスケースに、ありったけ全部並べてる印象でしたが、
今はすっきり年代順だったりしてわかりやすく、展示も厳選されていて、照明もかっこよく、楽しめました。
しかし、観たいものがいつ行っても観られるというのではなくなったところが難点。
ちゃんと調べていかないと展示期間外だったりする。
以前はいつ行ってもなんでも観られたが・・。それは20年ぐらい前の話だが・・。

博物館のステンドグラス。古い部分はちゃんと残っている。
a0139051_19544695.jpg


古いモザイクの壁の一画。
a0139051_2075694.jpg


お目当ての阿弥陀如来は、光背が外されていてショックだったけれど(観たかったな)
衣の部分には実はものすごく細かい金の柄が施されていることがわかった。
切り金細工だろうか?彩色が施されていたのだろうか?

法隆寺宝物館はかっこいい。外のテラス席でランチしました。
a0139051_20163994.jpg


近くに咲いていた小さい花。
a0139051_20174462.jpg


夕飯は有楽町でタイ料理。
a0139051_20185334.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2011-05-05 20:21 | テンペラ
2011年 03月 19日

仙台

3月11日、仙台にいました。
M9.0の大地震に遭ったのは、せんだいメディアテークの向かい側の道路でした。
波打つように揺れる街路樹とメディアテークが、目に焼き付いています。

予約していたホテルに2晩滞在させてもらい、3日目の朝、
山形行きのバスが出ることがわかり、4時間半並んで乗り、仙台から脱出。
山形に友人が車で迎えに来てくれたので、助かりました。

ホテルから見た仙台駅周辺の写真。駅は立ち入り禁止だったので人気もなく真っ暗な様子。
一見普通だけれど、よく見るとパーキングの看板が傾いています。
a0139051_21273127.jpg


地震直後のメディアテーク。
近くにあった外車のショールームの大ガラスはめちゃめちゃに割れていましたが、
全面ガラス張りのメディアテークは外から見たところ傷ひとつない様子でした。
即座に閉鎖されてしまったので、中にはもう入れませんでした。
「夕暮れのメディアテークが素晴らしい」
と聞いていたので、その時間に合わせて中からも外からも楽しもうと思っていたのに
夕暮れる前に地震が来てしまいました。
a0139051_21363513.jpg


去年の夏に出来たばかりの新しいホテルでしたが、やはりダメージがあったらしく、
3日目の朝に「危険なので出てください」と言われ、近くの避難所に○を付けた地図を渡されました。
時折、館内放送で「○○避難所は定員を超えましたので、受け入れ困難です」というアナウンスが流れます。
避難所にさえ入れるのか?
食べるものも自分で調達しなければならない。
途方にくれて「どうしたらいいんでしょう?」とホテルの人に聞くと、
「私たちにもわかりません。私たちも避難民ですので。」という答え。それが現実だ。
a0139051_21512594.jpg


気を取り直し、避難所生活も長期化するかもしれないし、と覚悟を決めて、
部屋にあるミニバーの飲み物やスナック類を申し訳ないけど鞄に詰めさせてもらった。


フロントに行くと、バリッとしたホテルマンが、まるで何事もなかったかのように
穏やかな笑顔でチェックアウトの手続きをしている。チェックアウトと言っても
「ホテルとしての機能を果たしていなかった」とのことで料金を請求されることもなく、
ただ笑顔で「お気を付けてお帰りくださいませ」と言われただけ。

そして、山形行きのバスが出ることになったと教えていただく。(これで助かった!)
バス停までの地図が用意されていて、道順も丁寧に教えてくれた。
出口でも、おそらく全てのスタッフが並び、笑顔で「お気を付けてお帰りください」と
お辞儀して送り出してくれた。自分たちだって大変なのに、泣けてくる。
プロのホスピタリティを見せてくれた。
a0139051_22241385.jpg


バス停まで30分ほど歩いたけれど、途中全ての商店は閉まっていて、
これから開くらしいというダイエーの前には長蛇の列ができていた。
地元の人たちは、自分たちの生活をなんとかしなければならない。


これから避難所生活、と腹をくくった時、申し訳ないけれど、タオルまで鞄に詰めさせてもらったのでした。
3日ほど後、ホテルに電話してみたら通じた。
実はミニバーのものやタオルを持ってきてしまったのです。料金をお支払いしたいがどうしたらいいかと聞くと、
「お気持ちだけで結構です。営業再開しました時にはまたご利用ください」というお返事でした。

電気やガスや水道が通って、JRや道路が復旧したら必ず、ミニバー代をお送りします。
もう一度泊まりに行きます。
a0139051_2240134.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2011-03-19 22:57 | その他
2011年 02月 13日

防カビ剤

会社の主力商品の木製おままごとにカビが発生するので
品質管理の担当者がカビの専門家のように防カビ剤についてかなり詳しくなり、
会議で「人体に全く毒でない安全な防カビ剤を見つけました」と発表していました。
たまたまその時隣同士だったので、
「テンペラ画の絵の具にも防かび剤を入れるんですよ〜。でも
人体に安全な防カビ剤なんて聞いたことないです!」
と話したところ、テンペラ画って何なのか、どういう風に防カビ剤を使うのか
かなりいろいろ聞かれたので、次の日、制作過程のプリントしたものなどを持っていきました。

2週間後ぐらいに、彼は本当に、それを持ってきてくれました。
「今回はサンプルだからお代はいい」
と言うところがさらにうれしい。

絵の具を作るときに、卵黄と酢と一緒にピグメントに混ぜる防カビ剤はとても
身体には毒なので、取り扱いには注意するようにと先生からは言われておりました。
本当に効くのか、本当に混ぜて大丈夫なのか?
やはり使う量は、全体の2%とのこと。
そのへんは同じである。

a0139051_18172810.jpg



週末行ったレストランのパンのお皿。
a0139051_18182235.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2011-02-13 18:20 | テンペラ
2010年 12月 12日

iPhone

iPhoneを購入したので写真を撮ってみました。
思った以上にシャープに撮れる。
デジカメを持ち歩かなくてもこれで十分かな。
a0139051_209756.jpg


a0139051_2011542.jpg


a0139051_20121281.jpg

[PR]

by chiaroscuro8 | 2010-12-12 20:13 | その他
2010年 11月 28日

紅葉

駐車場の桜も葉を落としました。
a0139051_15533964.jpg


きのう、天気が良かったので富山までドライブしてきました。
途中立ち寄ったサービスエリアで、青い空と青い海にうっとり。
a0139051_15571939.jpg

富山市内の小さな神社も紅葉が綺麗でした。
a0139051_1601992.jpg

a0139051_1604755.jpg

お寿司も食べました。ブリ、甘エビ、ミル貝・・・どれも新鮮。
イカの墨で和えた塩辛の軍艦巻きは初めて食べたけれど、おいしかった!
a0139051_2361576.jpg


あまり混んでないカフェでまったりして帰ってきました。
a0139051_1681288.jpg

休日なので、高速料金は1,000円×2。安い。
車は1L/20km走るし。ハイブリッドにしてよかった。
[PR]

by chiaroscuro8 | 2010-11-28 16:18 | その他